友達の一人暮らしの家でみたあの録画された番組、それを鮮烈に思い出していました。
体の関係なしでお小遣いをもらうことができるパパがいる、そういう人を探すことができたらカラーコーディネートの勉強だってできる確率が高まってきます。
今からお金をしっかり溜め込んでいけば大学卒業後、専門の勉強を始めることができるのです。
やっぱりどうしても勉強はしたいですから、セックスなしでお小遣いをくれるパパを探すしかないって気持ちを強めていきました。
インターネットだったら、そういうパパ探すのには向いていますからね。
パパ活って言うのをやって、食事だけで関係を持つことができる人を探してみることにしたのです。
一番初めに思いついた方法は、Facebookを使うことでした。
Facebookのユーザーって物凄い数がいるじゃないですか、使っていない人を探す方が難しかったりもして、だからここでパパ募集すればきっと相手探すことできるぞって思ったのです。
やたらと興奮した時になってしまいできたみたいで、すぐにでも相手募集をしなければって気持ちになっていたのです。
普段使いのFacebookを使ってしまった、いきなりつまずいていく事になってしまいました。
Facebookはキャンパスの男友達も女友達も皆んなと繋がっているものです。
なのにいきなりパパを探す書き込みをしてしまったのでした。
どうなるかなんて、ちょっと考えれば分りそうなものなのに、迂闊にもやってしまったのです。
すごかったです…すごい反応がやってきてしまったのです。
その反応を見て、急に怖くなってしまって、投稿を削除していきました。
友達から、冷めたようなコメントがいっぱい飛んできちゃって、知らない人からもひどい言葉をかけられていきました。

大炎上になり、もう最悪だって感じで、あれはイタズラされてしまったものなんだと言い訳しまくっていきました。