キャンパスに通うようになってから、いろいろな友達と知り合うことになりました。
それまで自分の将来の夢というのは、明確にすることができませんでしたが、友達たちの影響ってやっぱり大きいものがありますよね。
カラーコーディネートに関心を持っている友達がいて、多分彼女の影響だと思うんだけど、私もそっち方面の仕事をやってみたいなと思うようになったのです。
「奈穂美って服のカラーコーディネートがなかなかいいね、センスあるんじゃないの?」
こういうふうに言われちゃって、確かに私そういう方面は嫌いではないなという事に気づいてしまったのでした。
将来はそっち方面のお仕事に就きたい、そういう気持ちが強くなっていきました。
もちろんそのための勉強というものも必要になりますから、大学卒業後は新たに専門の勉強のために学校に通いたいと思うようになりました。
両親と食事を食べていたとき、その話をしてみました。
両親も勧めてくれるかなと思っていたんだけど、今のような世の中では仕事をちゃんとした方がいいと言う事を言われてしまったのです。
大学の学費は出しても、それ以上は出さないと言う事を言われてしまいました。
私としてはやっと見つけた夢だから、少しは追いかけてて気持ちもありました。
だから、カラーコーディネートの勉強を諦めることができなかったのです。
もし卒業後の勉強がしたいなら、学費は何とかしなければいけないと言われてしまったのです。
だからアルバイトもシフトを増やして、貯金をしていくようにしたのです。
だけどアルバイトの時給はとても安いので、頑張っても思うように貯金を増やすことができません。
学費を何とか工面したいなと思っていた時、以前友達から見せてもらったテレビの録画を思い出したのです。

それは、食事だけの関係で、お小遣いをもらえる愛人契約の話でした。
この方法だったら、私だって気楽にできるし、たくさんのお金を貰えるんだから学費を蓄えることができると考えるようになりました。